屋根裏や床下からチューチュー聞こえたらすぐに連絡【ねずみを寄せ付けない家にしよう】

男性スタッフ

チェックする

ねずみが家に棲みついてしまうと、部屋や建物に被害を与えてしまいます。家に棲み着かないように、ねずみ対策を行なう必要があります。対策を行なっていれば、トラブルを起こすことはありません。

業者に相談しよう

ネズミ

ねずみは下水道や地下などさまざまな箇所に生息しています。最近では一軒家や飲食店などで、ねずみによる被害報告が多数挙がっています。また、アパートやマンションなどの集合住宅でもねずみの被害が増えています。ねずみはわずかな隙間があればそこから簡単に侵入してくるので、地面に隣接していなくても侵入するケースが多々あるのです。さらに、ねずみは非常に賢いため、ねずみ捕りやねずみ捕獲用の粘着シートなどには引っかからないという問題もあります。ねずみ対策グッズを駆使しても、ねずみ被害が減らない場合は、ねずみ業者に相談しましょう。業者ではプロの業を用いてねずみ対策を施してくれます。さらに、業者によっては再発した際の保証を設けているところもあります。保証期間は業者によって異なるので信頼できる業者を見つけることが大切です。

ねずみが自宅にいる気がする、これからねずみが棲み着くのを今から対策したいと考えている人は、自分でもできるねずみ対策方法を把握すると適切です。ねずみは自分の餌となる食料がある家を好みます。とはいえ、ねずみはなんでも食べる傾向があるのでねずみの餌になるのは必ずしも食べ物だけとは限りません。石鹸や植物用の肥料なども食べてしまいます。そのため、庭や玄関先に肥料や固形石鹸などを置かないようにしましょう。また、袋に入っていてもかじって食べてしまうため注意しましょう。そのほかにも、わずかな隙間から室内に侵入してきます。雨漏りがする家庭やコンセントやクーラーの隙間がある家庭は、ねずみの出入口が多くある状態です。穴をしっかりと塞いで、ネズミを寄せ付けない家にしましょう。

作業者

安心できる暮らし

ねずみが家に棲み着かないためにも、侵入対策を行なう必要があります。また、ねずみ対策として棲みつきにくい環境を作る必要があるのです。棲みにくい環境を整えるだけでも、ねずみ対策ができます。

インテリア

清潔に保つ

ねずみが棲み着かないようにするには、棲みにくい環境作りを行なう必要があります。食べ物の食べかすが落ちている、物が溢れているなど汚いとねずみが棲みつく可能性があります。部屋を清潔に保つことでも対策ができます。